orlm8のブログ

人生、社会、読書など、興味を持っている話題をとりあげます

学校の授業で時事問題を取り上げるべきである

学校の授業内容に疑問を持つのであるが、
今の学生は、社会に対してとても無関心な人が増えているし、
社会のことをもっと学校でも教えるべきだと思う。


時事問題を学校で取り上げて、生徒間で議論をしたりするのもいいと思う。
議論まで行かなくても、今、現時点で社会にどんな問題があるか、を、学生に教えるだけでも大分違うと思うのである。


それと同時に、できるだけ現場にての実習を学生に課するべきである。
机上の空論では何もならないからである。


例えば、今は高齢者のことが大分問題になっている。
高齢者のいる施設にいって、何らかの実践的な行動をすること、これは大切であり、必要である、と私は思うのである。
こうすることで高齢者の理解、高齢社会への理解、がつくと思う。
問題意識を持つようにもなる。


いろいろと若いうちから体験し、そして考え、時によって人のため、社会のために悩むことが大切であると思うのである

これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)
これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)
筑摩書房