orlm8のブログ

人生、社会、読書など、興味を持っている話題をとりあげます

牧師先生と信者が裁判で争う悲劇

もっと教会を行きやすくする本―「新来者」から日本のキリスト教界へ
もっと教会を行きやすくする本―「新来者」から日本のキリスト教界へ
キリスト新聞社


私は玉川平安教会、に通っていたことがある。


この教会の不祥事にはほとほとあきれ果てている。


東京神学大学で教鞭をとる牧師先生が、なぜあのような振る舞いをしたのか。


教会は牧師先生たちと信者たちが裁判で争ってしまって滅茶滅茶である。血みどろの闘いである。泥沼化している。
私の知り合いは裁判で牧師先生と争った67人の中の一人である。


キリスト教界内でも争い。
どこ行っても争い。
どこも同じだ。


友人たちは教会を出ていったし、献金が激減した、というし、私は他の教会にとっくの昔に移っていて何もなかったが、友人がかわいそうでならない。
それに私自身が全くキリスト教世界から身を引きたくなってしまっている。


もうたくさん。争いは。


友人から争いの内容はつぶさに聞かされたのがつい最近である。
私はもう我慢できなくなった。キリスト教界から離れようと思う。
日本では今は無理である。