orlm8のブログ

人生、社会、読書など、興味を持っている話題をとりあげます

ナショナリズムを掻き立てているのか 姜尚中さん

テーマ: 平和
姜尚中さんはどう冷静に見ても感情的に物を言っているとしか思えない。
いわば、ナショナリズムを掻き立てているのである。


例えば、日本にはキム・ヨナ症候群なんてものはほとんどない。どうしてそういうものが日本にできたというのであろうか。


韓国は確かにキム・ヨナさんを誇りにしているし、それは当然であろう。努力が実を結んだ人なのであるから。


しかし日本はそれだけで韓国に越されるという危惧感など持ちはしない。
スポーツのある分野で日本が引けを取った、それが一体何であろうか。
そんなことはどうでもいいことで、ほとんどの日本人は気にも留めていない。


姜さんの発言はとても子供じみている。
日本人が思っていることは韓国が修学旅行の生徒たちを船事故で大勢亡くしたことである。
政府があんなだとは。若者の貴重な命が無残にも失われてしまった。


人間としてあれだけショックなことはなかった。


人間は全体を見て物を判断するべきであるし、キム・ジョナさんだけを見て判断する人など少数であろう。


姜さんは自国のこういった問題をこそ、深刻に取り上げて、それと向き合っていくべきであろう。


姜さんはナショナリズムを掻き立てるような発言を目立ってしている。
感情論としか思えない。とてもではないけれど理性的とは思えないことばかり言う。
凄く極端な人であると思った。


キリスト教徒であると聞くに及んではただただ驚いた、というのが私個人の率直な感想である。
キリスト教徒は国境を超えた、人類愛に基づく冷静な発言をするはずである。
自国に有利な発言、自国びいき、これをしているとしたらおかしいのである。


決してナショナリズムを掻き立てる言動をしてはいけない。


キリスト教徒としての自覚を持って行動して欲しい。発言して欲しい。