orlm8のブログ

人生、社会、読書など、興味を持っている話題をとりあげます

人間しているかどうか

夜と霧 新版
夜と霧 新版
みすず書房


テーマ: 人間、人生


自分が生きている間、自分は人間しているのである。


人間は優しさ、思いやりを持つべきだ。
それが人間らしい、ということだと思う。
また、人間には理性があったりする。
この理性をうまく使うことによってより尊くなったりする。


動物でも人間を思いやったり、人間に優しかったりすることがあるようだ。
ペットが飼い主を思ったりすることがその例だ。
事故にあいそうになった時に飼い犬が自分が身代わりになって飼い主を助けたり、
そういった例も多々ある。


人間が人間らしくするとそこに温かいものが流れるようになる。
人間対人間、人間関係が途端によくなる。
それだからこそ、人間は常に人間らしいのがいいのである。
温かくされたら感謝の念をその人に対して素直に持つことも言うまでもなく大切である。
温情に答えることで、更に一層人間関係がよくなる。


人間は人間しているのである。
人間らしく振舞いたいものである。


人間について考えてみた。